Diver's Cafe
スキューバダイビング コミュニティー サイト
海底の生物事典

【 岩場 】 一覧

アオサハギ

アオサハギ

特徴:
水深30m以浅の沿岸に生息。体は円形。腹部をわずかに膨らませることができる。

アカイソハゼ

アカイソハゼ

特徴:
岩礁域、サンゴ礁域の岩の隙間、転石の下に生息。
水深5〜15m。頬と眼後方に短い赤色縦線が走る。鰓蓋上部に黒色斑が出る固体もいる。

アカスジウミタケハゼ

アカスジウミタケハゼ

特徴:
イシサンゴ類の群生上に生息。
体は半透明で、吻端から尾ビレ下半分にかけて赤色の縦帯がある。

アケボノチョウチョウウオ

アケボノチョウチョウウオ

特徴:
珊瑚礁、岩礁域の水深15m以浅にすむ。
体は高く丸く、小さな斜めの黒点列がある。糸状の小型藻類を食べる。

アミメハギ

アミメハギ

特徴:
房総半島以南。朝鮮半島。水深20m以浅の岩礁の藻場や、内湾のアマモ場にすむ。
体は薄い。体に網目模様があり頭部背縁は、ややへこむ。背鰭起部と臀鰭起部は対在する。雄の尾柄に短い剛毛がある。日本産のカワハギ類の中で最小種、体長8cmほど。

アミメブダイ

アミメブダイ

特徴:
高知県以南、紅海〜中西部太平洋に分布する。

前頭部が円く突出する。尾ビレも上下ともわずかに突出する。幼魚は前方が赤褐色で後方が青緑色に変わる。雌は薄い灰褐色で各ヒレ中央に大きな黒斑があり、全ヒレが朱色。雄は大部分が青緑色と赤褐色の細かい模様が入り混じり、尾は青緑色。

イソカサゴ

イソカサゴ

特徴:
千葉県以南、インド洋、太平洋に分布する。
沿岸の岩礁域やタイドプールに生息する。

体は側扁し、体色は淡赤色に不規則な暗色斑がある。頬(鰓蓋)に褐色の斑点が一つあるという特徴があるので、他のカサゴとは比較的容易に見分けが付く。

眼の前と頭頂骨に棘がある。また、鰭の棘には毒腺があり、刺されると痛い。干潮時のタイドプールにもいるので、注意が必要だ。

イソカサゴ属は現在21種が確認されているが、そんな事で驚いていてはいけない。カサゴ目で約1200種、フサカサゴ科だけでも400種弱いるのだから。

イダテンカジカ

イダテンカジカ

特徴:
和歌山県以北。〜樺太南部。潮だまりにすむ。
頭部と体は、やや縦扁する。眼後部から後頭部にかけて3対の総状皮弁をもつ。側線にそって小皮質突起が並び胸鰭は長い。
雄の生殖突起は発達する。 肉食性。

イバラタツ

イバラタツ

特徴:
伊豆半島、和歌山県に分布。
水深20m〜40m程度の砂底や岩礁域に生息する。やや稀種

体には多数の鋭い棘状突起があり、吻は非常に長い。頭頂突起は明瞭で先端は5本程の棘がある。体色は淡〜黄褐色。棘の先は暗色。

イロイザリウオ

イロイザリウオ

特徴:
伊豆半島以南、インド洋・西太平洋・紅海・東アフリカ・ハワイに分布する。
浅海の岩礁域・サンゴ礁域に生息する。

第1背鰭棘にはエスカ(疑似餌)が付いている。

第2背鰭棘 (つまり、眼の上の前の突起) はあまり肥大してなく、その後ろに鰭膜という薄い膜がある。
そして、その鰭膜は突起からなだらかに膜へと変化していて、膜と突起の境界線ははっきりしないというのも特徴である。

たまにクマドリイザリウオに似た模様を持つものもいるが、クマドリイザリウオはこの境界線がはっきりしていて、しかも模様が眼から後方へと広がっているのが特徴なので明らかに違う。

ベニイザリウオとも混同する人がいるが、ベニイザリウオは背鰭の基部に眼状斑があるのでこれも容易に区別できる。

ウイゴンベ

ウイゴンベ

特徴:
本州中部以南、インド・西太平洋から東アフリカ・南東大西洋・南アフリカ南部に分布する。
沿岸から130mまでのサンゴ礁域・岩礁域に生息する。

体色は黄色や橙色、尾鰭が深く湾入しているところから、英名の燕のしっぽという名前が付いたようだ。

食性は動物性で浮遊している小型の甲殻類を食べる。

ゴンベといえばホークフィッシュといわれ、木の枝の上に止まっている鷹ように、サンゴの上などにちょこんと乗っている姿をよく見かけるが、実はこのゴンベ他のゴンベに比べて遊泳する性質があるので、サンゴなどから少し離れて泳いでいる事が多い。

ウイゴンベのウイは発見した宇井縫蔵の名前からきている。ウイゴンベは宇井縫蔵が発見し、同定は日本の魚類分類学の創始者である田中茂穂博士が行ったが、1917年に新種に記載した際、和名に宇井をつけたのである。

ウツボ

ウツボ

特徴:
琉球列島を除く南日本・台湾に分布する。
浅海の岩礁域に生息する。

形はうなぎに似ているが、胸鰭、腹鰭が無く、大きな口には鋭い歯が沢山ある。この歯は大変鋭く、また口の奥に向いて生えているので、捉えた獲物は口の奥にしか移動できないようになっていて逃がさない。毒は持っていないが、この歯に噛み付かれると指さえも食いちぎられてしまう事があるので手出しをしない方がよい。右下の写真で手で撫でている人は、ウツボの性質をよく知っている人なので出来るが、危険を感じると身を翻して噛み付くので、絶対にまねをしてはいけない。

岩場の岩の間や穴に棲んでいて夜行性らしいが、昼間でも好物のタコを求めて泳ぐ姿をダイビング中によく見かける。

ウツボと言えばよく話題になるのが食べれるかどうかだが、日本では多くの地方で食べる習慣があり、主に黒潮の当たっている半島の先端の地方でのウツボ食は有名である。食べ方は干物がほとんどで、ウナギのように下ろして干している姿を見かける。脂が多く、皮はパリッとして美味しいらしい。

ウバウオ

ウバウオ

特徴:
青森県〜沖縄県。潮間帯のタイドプールから水深10m付近までの岩礁域にすむ。
体は円筒状で、尾柄は、やや低くなる。吻は短く丸みを帯びる。吻端から眼を通り鰓蓋にいたる弧状の暗褐色縦線がある。体色は赤っぽい。腹鰭は吸盤状で中央部に帯状のくびれがあって二分されている。背鰭と臀鰭の基底は短く、尾鰭と連続しない。

オオモンイザリウオ

オオモンイザリウオ

特徴:
南日本。インド・西太平洋域、頭部太平洋の熱帯域。沿岸浅所の岩礁や珊瑚礁域にすむ。
イザリウオ科としては大型種、全長30cmほどになる。背鰭第2棘をおおう皮膚は分厚く鰭膜との境界ははっきりしない。吻上棘は、第2、第3棘より長く、先端に細長い1皮弁がある。胸鰭軟条は不分枝で、胸鰭の先は、ばらばらに見える。
伊豆で、幼魚や若魚が、多く見られるが、どちらかといえば熱帯系の魚で、これらは無効分散だと思われる。

オキゴンベ

オキゴンベ

特徴:
相模湾以南、南日本・中国・インドに分布する。
沿岸のやや深い岩礁域・珊瑚礁域に生息する。

英名がホークフィッシュといい、枝に止まっている鷹のように、サンゴや岩の上に止まっていることが多い。鰾(うきぶくろ)は無く、遊泳性に欠けるが、全く泳がないわけではない。底に止まっている時は胸鰭で体を支えているので、胸鰭はやや発達している。

体色は鮮やかなオレンジ色である。ゴンベ科の特徴として背鰭棘部の鰭膜の先に糸状の短い突起がある。ゴンベの名は、この糸状突起を権兵衛(江戸時代後期から大正時代まで流行った幼児のヘアースタイル、ぼんのくぼのところだけ剃り残した毛髪のこと)に見立てたことから来ている。オキは沖の意味で、他のゴンベ類よりやや深いところに生息しているからである。

小型魚類だが肉食性で、底生動物などを食べる。

産卵期は夏で、日没時に産卵行動が見られる。雌性先熟の性転換魚で、雄はハレムを作り数尾の雌と暮らす。群れの中で一番大きな個体が雄へと性転換するが、オキゴンベは雌へも性転換する事が知られている。

一般の雌性先熟の性転換魚の生殖腺は、はじめは卵巣のみであるが、性転換とともに卵巣は無くなり精巣組織に置き換わる。ところが、オキゴンベは雄になっても卵巣部分が消失せずに残り、逆に雌になっても精巣部分が残っている。群れの都合に合わせて両方向の性転換ができるのである。このような両方向の性転換ができる種は他にオキナワベニハゼやダルマハゼ、イチモンジハゼがある。

食用にされていない。色彩が鮮やかなため観賞魚として流通している。

オハグロベラ

オハグロベラ

特徴:
千葉県・島根県以南、西太平洋・インド洋に分布する。
浅海の岩礁域の海藻の間に生息する。

雄と雌で体色は違い、雄は黒緑色で鱗が大きく縁は黄緑色。雌は赤みがかった黄褐色で腹部に青紫色の小斑がある。雄の背鰭の第二棘は糸状に伸びている。

単独で生活し、夜は海藻の根元や岩陰で眠る。

食用となるが、味は良くないと言われる。釣りでは外道として釣れる。

英名の cocktail はカクテルのことであるが、カクテルの語源は諸説がある。その昔、お酒を混ぜるのに雄鶏の尾を使っていたボーイにある客が、そのお酒がおいしかったので「それは何か」とお酒を尋ねたところ、ボーイはその道具を尋ねられたのと勘違いして「雄鶏の尾(カクテル)です。」と答えてしまったらしい、と言う説は面白い。

オビアナハゼ

オビアナハゼ

特徴:
南日本。沿岸の岩礁地帯にすむ。

第1背鰭の前端と後端に黒斑があるのが特徴、ずんぐりしているが、やや側扁する。体高が高い。吻はとがる。体表はなめらかで腋部にも鱗はない。体側に数本の暗褐色横帯があり、胸鰭基底に三角形の暗色斑がある。雄は成熟すると第1背鰭前端の2〜3本の背鰭棘が糸状にのびる。肉食性で、雄は大きな生殖突起をもち、体内配偶子会合型のカジカ類だと考えられている。

オビテンスモドキ

オビテンスモドキ

特徴:
和歌山県、八丈島、小笠原、奄美大島以南。〜インド・太平洋域。砂礫域にすむ。
体は側扁する。頭部は白く眼の回りに放射状の細い黒色線が走る。体側は黒く白色小斑点がちらばる。尾鰭は前方に白色横帯、後方に黒色横帯がある。腹鰭は短く肛門に達しない。
幼魚の体色斑紋は、まったく違う。褐色の体に暗色横帯と白色円斑が交互に並ぶ。背鰭の前2棘が旗の用に長くのびて、全体では海藻のように見える。眼の回りに白色の放射状線がはいる。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

特徴:
中・西太平洋及び琉球列島に分布する。
岩礁域の水深20〜70mのやや深い崖に生息する。

雄は濃いピンク色で体側に特徴的な紫色の四角形の斑紋がある。
雌はオレンジ色で眼から体側腹面及ぶ2本の縦帯がある。

雌性先熟型雌雄同体魚で雌の中から一番大きな個体が雄に性転換し、雄を中心に小さな群れ(ハーレム)を作る。

カガミチョウチョウウオ

カガミチョウチョウウオ

特徴:
小笠原、三宅島以南。台湾、南シナ海、フィリピン。珊瑚礁域にすむ。
眼の上と、頭部、背鰭棘条部に暗色の鞍状帯があり、背鰭軟条部から臀鰭軟条部には目立つ斜走帯がある。小型種で大きくても10cmを超えるくらい。

カクレクマノミ

カクレクマノミ

特徴:
奄美大島以南、西部太平洋から東部インド洋に分布する。
浅海のサンゴ礁域の礁外縁など潮通しの良いところに生息する。

鮮やかなオレンジ色と特徴的な白帯で、海中でもよく目立つ人気種である。クラウンアネモネフィッシュに似ているが、本種は白帯に極細の黒い縁取りがあるのに対し、クラウンアネモネフィッシュは黒い縁取りが太い。また黒い縁取りが体側に広がっている個体もいる。

ハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャクと共生し、ひとつのイソギンチャクに家族で生息している事が多い。

他のクマノミ類と同様に雄性先熟型の雌雄同体魚である。

繁殖期は夏で、棲んでいるイソギンチャクの根元の岩の上に黄色い卵を産み付ける。一般にクマノミ類は雄の方が熱心に卵の世話をするようである。雄は産み付けられた卵に口を近づけ、卵の掃除をしたり、死卵を取り除いたりすると考えられている。この行動は「マウシング」と呼んでいる。雄が卵の世話をしている間に、雌はたくさんの餌を食べ、更に大きくなり繁殖能力を高めるのである。

カサゴ

カサゴ

特徴:
北海道南部以南、フィリピンまでの西太平洋・東シナ海に分布する。
浅海から水深200mくらいまでの岩礁域に生息する。

夜行性で昼間は岩陰や水底でじっとしていて、日没後に餌を求めて泳ぎだす。
大きな口で、ゴカイ、甲殻類、小魚などを捕食する。

卵胎生なので、雌は卵ではなくて稚魚を産む。
秋に交尾した雌は体内で卵を孵し、1〜3ヶ月後に数千匹の稚魚を産む。

藻場や岩場に住むカサゴは褐色をしているが、
深いところに住むカサゴは鮮やかな赤色をしている。
赤色は深いところでは目立たない灰色に見えるため、保護色になる。

防波堤や岩場から簡単に釣れる。
動くものを襲う習性があるため、餌には生きたスジエビなどが使われる。

身は脂肪が少ない白身で、鍋料理、味噌汁、煮物、唐揚などにするとおいしい。

カンムリベラ

カンムリベラ

特徴:
相模湾以南、小笠原。ハワイ諸島をのぞくインド・中部太平洋域。砂礫や岩礁域にすむ。
こぶがあって黒いベラなので、すぐに分かる。黒っぽいが青みがあったり緑っぽかったりの変異がある。体側中央に1明色横帯がある。この横帯は緑だったり青かったりする。背鰭の第1棘が長く、尾鰭の軟条がすべてのびる。メーター近くになる大型のベラで、力持ちだから釣り人を翻弄し、糠喜びさせる。幼魚の色彩と斑紋はまったく違う。
幼魚は純白の体に赤と黒の斑紋という派手な色彩のために人気が高い。

ガラスハゼ

ガラスハゼ

特徴:
ムチカラマツ類の群生上に生息するが、ロープなどにつくことも。
体側に6〜8本の黄色〜赤色の横帯がある。前鰓蓋骨下部と下顎に溝があることで他種と区別できる。

キツネベラ

キツネベラ

特徴:
小笠原諸島、和歌山県以南、インド、太平洋域に分布。水深30mの岩礁、サンゴ礁域にすむ。
尾ビレ付け根の大きな黒斑が特徴。老成すると不明瞭、幼魚は横帯になっている。

キリンミノカサゴ

キリンミノカサゴ

特徴:
南日本。南太平洋、アフリカ東岸、紅海。岩礁、珊瑚礁域にすむ。
眼上の皮弁が長く、5本の暗褐色線が皮弁を横切る。前鰓蓋骨の後下縁に2つの大きな皮弁があり、吻端に3本の長い糸状の皮質突起がある。胸鰭上部の鰭膜が切れこむ。

単独で生活する。生活域は広い。雄は雌をめぐって争う。
産卵は、日没後、沖出しの流れの時に粘液質の卵のうを2個産む。中に数千個の卵を含む。魚食性。ヒレの棘に強い毒がある。

クサフグ

クサフグ

特徴:
青森県〜沖縄、東シナ海。朝鮮半島南部。汽水域を好む。

胸鰭上方に黒色斑があって、背に白斑がちらばる、ふぐ類は多く、見分けが難しい。特にコモンフグ、ナシフグ、そしてマフグの幼魚などと、よく似ていて、意識しないと見分けられない。背にちらばる小白点が小さくて丸く、全体に見て複雑な模様を描いていなければクサフグだ。あと、その小白点が眼の下にはないというのも特徴だ。
ふぐ類には珍しく汽水域を好み、川の中にも侵入する。屋久島など、アユの友釣りの外道でクサフグがかかってくる。
初夏、大潮の時、砂利浜に集団で集まって浜にあがってきて、跳ね回りながら放精放卵する特異な産卵行動が知られている。友もがんばっているのだ。ゆめゆめ釣り場で日干しなどせぬよう、やさしく逃がしてやろう。
テトロドトキシン(ふぐ毒)あり。卵巣・肝臓・腸は猛毒、皮膚は強毒、筋肉と精巣は弱毒。よく釣れるポピュラーな魚だが、小型であり毒が強く食用には向かない。
ふぐ毒は産地や季節により変わる、また同定が難しいし交雑魚も多く報告されており実際の毒性はわからないことが多い。危ないので素人料理はやめよう。

クダゴンベ

クダゴンベ

特徴:
相模湾以南から琉球列島、西太平洋・インド洋と東部太平洋のカルフォルニアに分布する。
やや深くて潮通しが良く、ソフトコーラル類が発達した岩礁域・サンゴ礁域の崖や水道部に生息する。

ヤギ・ウミカラマツ・ウミトサカなどの腔腸動物類の中にいて見つかりにくい。

吻が管のように長く伸びているのが特徴で、和名の由来となる。また、白地に赤の格子模様は他のゴンベと容易に区別できる。

食性は動物性で主に岩の間やヤギ類に付く甲殻類を細長い吻で吸い込んで食べる。飼育の場合、餌付けは容易で人工餌にもすぐなれるが、生息域が潮通しの良いやや深場の水質の綺麗なところであることでもわかるように、水質が悪化すると弱るのが早い。

クマドリイザリウオ(黒)

クマドリイザリウオ(黒)

特徴:
南日本、インド、西大西洋域に分布。沿岸浅所の岩礁域に生息。
眼から後方へ広がる明瞭な帯があること、背ビレ第2第3棘後方の鰭膜は薄く、極めて明瞭なことが特徴。

クマドリイザリウオ(白)

クマドリイザリウオ(白)

特徴:
南日本、インド、西大西洋域に分布。沿岸浅所の岩礁域に生息。
眼から後方へ広がる明瞭な帯があること、背ビレ第2第3棘後方の鰭膜は薄く、極めて明瞭なことが特徴。

クマノミ

クマノミ

特徴:
房総半島以南、インド洋・太平洋・ペルシャ湾に分布する。
浅海の岩礁域・サンゴ礁域に生息する。

体型は強く側扁した楕円形で、体色は暗褐色地に青白く幅の広い横帯が3本ある。オレンジフィンアネモネフィッシュに似るが、真中の横帯の幅が頭部の横帯の幅より広いことで区別できる。ミクロネシアのものは体色がやや黒っぽい傾向にある。

サンゴイソギンチャク、イボハタゴイソギンチャクなど大型のイソギンチャクと共生する。危険が迫るとイソギンチャクの触手の中に隠れる。触手の刺胞に刺されないのは、刺胞の働きを抑える粘液を分泌している為と言われている。刺胞に対する免疫性は生まれた時にはまだ無く、徐々に備わってくると考えられている。それにしても、人間でさえ近づくと突付かれる攻撃的なクマノミに、隠れるところが必要なのだろうか。

イソギンチャクとの共生は相互に利益のある「相利共生」と言われているが、定かではない。クマノミにとっては捕食者から身を守ると言う利点がある。一方イソギンチャクはクマノミが餌を運んでくると言う説があるが、この行動が積極的に餌を与えているのかと言うとそうでもない様だ。これに関しては別の説で、クマノミが体をくねらせて泳ぐワッギングと呼ばれる行動がイソギンチャクの触手間に新鮮な海水を供給していて、触手内の共生藻の光合成を助けていると言う説がある。これによりイソギンチャクも元気になるのだそうだ。水槽内で飼育しているイソギンチャクにクマノミを同居させたり、棒などを触手の間をクマノミをまねて動かすと、より大きく触手を広げる事がわかっている。もう1つ、ポリプ食のチョウチョウウオでイソギンチャクを食べるものがいるが、クマノミの攻撃により助かっていると言う説もある。

食性は雑食性で付着藻類や甲殻類などを食べる。

クマノミの名前の由来は「隈取のある魚」すなわち「隈の魚」の意味であると言う説と、物陰を意味する「隈」から「隠れる魚」の意味であると言う説がある。因みに「ミ」は魚名語尾で「魚」と言う意味である。一方、英名のアネモネフィッシュはクマノミ類がイソギンチャク(アネモネ)との共生を行うところから来ている。さらに学名のアンフィプリオンのアンフィは2つのという意味で、プリオンはノコギリという意味だが、これはクマノミ類の前鰓蓋骨と鰓蓋骨の後縁にノコギリの刃のような突起があることに由来している。

クモウツボ

クモウツボ

特徴:
サンゴ礁の浅場に生息。成熟した雄は、犬歯状の歯を持つ。

クロスジギンポ

クロスジギンポ

特徴:
相模湾以南の南日本、西部太平洋の熱帯域に分布。
沿岸のサンゴ礁、岩礁域に生息する。活発に泳ぎ、魚の皮膚の一部を食べる肉食性。雄では尾ビレ軟条が伸びる。ニセクロスジギンポとは尾ビレに幅広い黒色縦帯がないことで区別できる。

コガネキュウセン

コガネキュウセン

特徴:
伊豆半島以南、西部太平洋に分布。水深10〜20mのサンゴ礁域や周辺の砂礫底にすむ。
雄の尾ビレは浅い二重湾入形だが、雌や幼魚の尾ビレは丸い。また、雄の尾ビレの付け根には黒点がある。

コガネスズメダイ

コガネスズメダイ

特徴:
英名も gold (黄金)とつく。
小さいけど、とっても綺麗な魚です。
成魚では15cm位になるそうです。
岩礁域の底層に単独でいることが多い。

コクテンベンケイハゼ

コクテンベンケイハゼ

特徴:
房総半島以南に分布。
岩礁の割れ目や穴に住む。ベンケイハゼに似るが背ビレ前部と尾ビレ上部に不規則な白色線をともなう黒斑があり、尾ビレは白く縁取られる。

コケギンポ

コケギンポ

特徴:
北海道南西以南の日本海沿岸、千葉県勝浦以南の太平洋沿岸、種子島、屋久島以北の南日本、カリフォルニアに分布する。
タイドプールや岩礁域の浅いところに生息する。

日本海側のある地方で硬くて折れにくい棒をギンポウと言ったり、長野県では車輪の軸はコマの芯をギンポウと言ったが、死後硬直して棒のようになった様がギンポと言う和名の由来となった。コケは頭に苔が生えているようだから。

岩穴などに棲み、小型の甲殻類や藻類を食べる。

トウシマコケギンポとの区別がつきにくいが、コケギンポには頭頂部に皮弁がない。そのため眼上皮弁は枝状の枝部分が目立ちやすい。眼上皮弁は三本である。写真では目の上に三本の皮弁があるのが良くわかる。

コブダイ

コブダイ

特徴:
下北半島・佐渡以南から朝鮮半島・南シナ海に分布する。
浅海沿岸の潮通しの良い岩礁域に生息する。

この魚の一番の特徴は、なんと言っても和名の由来にもなっている頭のコブである。
国内のベラ科では最大級と言われ、体長は1m以上、体重は15Kgにもなると言われる。
コブは成長した雄だけにあり、下顎も同時に厚くなる。
雌のコブは雄ほどではなく、昔は別の種類だと思われていたようで、雄をコブダイと呼ぶのに対し、雌はカンダイと呼ばれていた事もあって、今でも地方によってはカンダイと言う名で通っているところもある。

幼魚には体側の中央に白い縦帯があり、尾鰭と尻鰭・背鰭に黒い斑紋もあるが、成長に従い斑紋は変化していく。

コブダイと言えば日本海の佐渡島に生息する大型の雄が有名で、私もコブダイはそこに行かないと見れないと思って諦めていたのだが、まさか伊豆で会えるとは思わなかった。調べてみると結構いろいろな所に居ることが分かった。

雄はハーレムを持ち、縄張り意識が強いので、侵入してきた他の雄との激しいバトルが見られることもある。
幼魚は白い縦帯のせいで攻撃される事は無いが、縄張り争いで負けた雄も白線を現すらしいので、この白線が侵略放棄の白旗になっているようだ。

食性は肉食で貝類や甲殻類などの殻の硬い餌を、のどにある歯でかみ砕いて食べる。
上の写真ではダイバーが手にしているサザエを、欲しそうに近寄ってくる姿が写ってるが、本当は縄張り荒らしだと思って威嚇しているのかもしれない。

産卵は晩春に行われ、雌雄が円を描くようにして海面へ上昇しながら産卵と放精をする。

一年中釣れるが、旬は冬で、晩春から夏の産卵期にかけては味が落ちる。
肉は白身で柔らかく、塩焼きや煮付けで食べるのが美味しく、旬の冬には刺身でも食べる事ができる。

ササスズメダイ

ササスズメダイ

特徴:
三宅島以南、インド、太平洋に分布。水深2〜20mの内湾に群生するミドリイシ類の周辺にすむ。
白っぽい体と尾ビレ後端の黒斑が特徴。

サザナミヤッコ

サザナミヤッコ

特徴:
千葉県以南、インド洋・中部太平洋に分布する。
浅海のサンゴ礁外縁の潮通しのよいところに生息する。

幼魚の斑紋はタテジマキンチャクダイなどと同様に成魚と異なり、濃いブルー地に白色の縞模様がある。タテジマキンチャクダイに似るが、タテジマキンチャクダイは渦模様なので区別できる。英名のセミサークルは、完全な円では無い幼魚の模様を表す。

観賞魚として数多く飼育されていて、価格も手ごろになっている。飼育では幼魚、成魚とも餌付きは良く、丈夫で育てやすい。

沖縄など南の地方では食用としている。アクアリストにはもったいない話だ。焼き魚、刺し身などにすると美味しい。

サラサゴンベ

サラサゴンベ

特徴:
伊豆半島以南、琉球列島、小笠原諸島、西太平洋に分布する。
サンゴ礁域の外縁や礁斜面、ドロップオフなどの潮通しの良いサンゴのよく発達したところに生息する。

体色は白地で、そこに更紗模様があるのが和名の由来となっている。体型は側偏し体高はやや高い。底生性で鰾(うきぶくろ)はない。胸鰭は厚く発達し、着底する際に体を支える事が出来る。

サンゴ群体や岩の上にいることが多く、ヤギやウミトサカなどのソフトコーラル類の中にいることもある。

シマウミスズメ

シマウミスズメ

特徴:
三浦半島以南。インド・西太平洋域。沿岸の浅海域にすむ。
背隆起は高く、背隆起中央の棘は後ろを向く。体の横断面は五角形になる。体に多数の不規則な青色線がある。
群れを作らず、ハーレムを作る。夏の日没にペアで産卵する。
体表の粘液中にパフトキシンという毒を持つ。この毒は魚毒で、他の魚を殺したりするが、人への中毒はない。

シマキンチャクフグ

シマキンチャクフグ

特徴:
南日本。インド・太平洋域。珊瑚礁域にすむ。
後頭部から背鰭起部まで隆起線がある。後頭部には幅広い褐色帯があり、体背部にも鞍状になった褐色横帯が3本ある。この鞍状斑は腹部の下方まで達して、縁取りがないことで、よく似たハナキンチャクフグと見分けられる。
テトロドトキシン(ふぐ毒)あり。皮膚から毒をだすといわれている。
ふぐ毒は産地や季節により変わる、また同定が難しいし交雑魚も多く報告されており実際の毒性はわからないことが多い。危ないので素人料理はやめよう。

シマヒメヤマノカミ

シマヒメヤマノカミ

特徴:
伊豆半島以南、インド、太平洋海域に分布。
ヒメヤマノカミに似るが、頭部の棘や隆起の縁辺は鋸歯状であり、胸鰭の横縞は赤褐色〜褐色で黒点列がある事と、尾ビレに黒点が並ぶ事で区別できる。
ヒレの棘に強い毒がある。

シュンカンハゼ

シュンカンハゼ

特徴:
岩礁域やサンゴ礁域浅所の転石下に生息。
体が細長く、背ビレ基底に3個の小黒点を持っている。

シロイソハゼ

シロイソハゼ

特徴:
岩礁域、サンゴ礁域の根の上に単独で生息。
水深3〜15m。吻は短く丸い、鼻管は短い、体は半透明で脊柱上縁を赤色斑と白色斑が交互に縦列する。体腹側に赤色斑が縦列し、胸ビレ基底から腹部に大きな3白色横斑がある。

スケロクウミタケハゼ

スケロクウミタケハゼ

特徴:
トゲトサカ類の群生上に生息する。
体が太く、体色は淡白桃色でやや透明で、不規則な桃色斑が現れることも。眼の前に吻にかけて赤褐色の線がある。

スナビクニン

スナビクニン

特徴:
長崎県・瀬戸内沿岸〜青森県。朝鮮半島沿岸。浅海域にすむ。
鰓孔は、その全体が胸鰭より上にあるか、下にのびていても胸鰭第3軟条基底をこえない。
全長10cmまでの小型種で、体色や斑紋の変異が大きく、黄色〜黒色までいて、細い縦帯、円斑がちらばっていたり、斑紋がなかったりしている。近年、ダイバーの人気者になっているようだが、詳しいことは分かっていない。

ワカメのメカブ、海藻の隙間などに住む。水深1〜5mで見られる浅海の魚。

クサウオ科の多くは、水深100以深に生息する。

スパインチークアネモネフィッシュ

スパインチークアネモネフィッシュ

特徴:
インド洋、西太平洋に分布する。
浅海のサンゴ礁域に生息する。

鰓蓋に1本の大きな棘があることで、クマノミ属と区別している。また、それが英名の由来にもなっている。

雄は雌よりも小型で、色彩も雌より鮮やかである。雌は大型で黒っぽい。

体の模様は成長に従って変化する。幼魚のときは白い横帯が連続しておらず、色も暗色だが、成長に従って横帯も繋がり、色も鮮やかになる。

主にタマイタダキイソギンチャクと共生する。

雄から雌へ性転換する、雄性成熟雌雄同体性転換魚である。

スミツキベラ

スミツキベラ

特徴:
伊豆半島以南、中西太平洋・インド洋などに分布する。
潮通しのよいサンゴ礁・岩礁域に生息する。

スミツキ○○と言う魚は、他にもスミツキゴンベやスミツキヨウジなど十種類以上いるが、どれも墨を付けたような、黒い斑点や模様がある。
このベラも成魚は、胸鰭基部と臀鰭、背鰭後方に、墨をこぼしたような斑点があり、それが和名の由来となっている。
英名を調べたが、何の事だか分からない。

よくあることだが、幼魚は成魚とまったく違う模様である。
体全体が濃い茶褐色で、白い斑点が体の縁の方にある。
尾鰭に2つ、背鰭側に3つ、腹鰭側に3つ、あと吻が白い。
成長するにしたがって、この白斑は薄くなる。

幼魚の時は、他の成魚の体につく寄生虫などを、食べてあげたりしているということも観察されている。
成魚の食事は、無脊椎動物(軟体動物や甲殻類)を食べる。

ソウシイザリウオ

ソウシイザリウオ

特徴:
南日本。インド・西太平洋域。沿岸の水深185m以浅の岩礁域にすむ。

胸鰭の鰭条が分枝して鰭の縁辺が滑らかになること、吻上棘の基底は上顎縫合部より後方にあることで、イザリウオから区別できる。イザリウオの胸鰭鰭条は分枝せず、先がばらばらになっていて、吻上棘基底は上顎縫合部より前方に張りだしている。
色彩や斑紋には変異が多いが、ソウシイザリウオは、小型種の多いイザリウオ科の中では大きくなり、全長40cmを超えるものもいる。

タカノハダイ

タカノハダイ

特徴:
本州中部以南、南日本、東シナ海、台湾に分布する。
亜熱帯、温帯の岩礁域やサンゴ礁域に単独で生息する。

体は側扁し頭頂部から背部にかけて盛り上がっている。体側には特徴的な黒褐色の斜走帯が9本ある。唇は厚いが口は小さい。各鰭は黄色みをおび、尾鰭には十数個の白色小斑点が散在する。

ユウダチタカノハに似るが、ユウダチタカノハには尾鰭の白色小斑点が無い。眼を通る帯がタカノハダイは眼の上方で3又に分かれるが、ユウダチタカノハは分かれない。解剖学的には背鰭の軟条数がタカノハダイ(32本)、ミギマキ(33本)、ユウダチタカノハ(28本)となり区別される。

雑食性で、甲殻類や海藻を食べる。産卵期は10月から12月である。

和名の由来は、体表の縞が鷹の羽の縞を連想させることからである。

釣りでは外道として釣れるが、磯臭いので捨てられる事が多い。メジナ釣りでタカノハダイが釣れるのは水温が低いからで、目当てのメジナが釣れないという目安となる。

臭みが強く不味いので有名であるが、旬の冬になると少しは美味しくなるので食用にすることは出来る。新鮮なものの腸を素早くとり、洗いや刺身にする。切り身を水にさらしても、臭みは抜けない。

タキゲンロクダイ

タキゲンロクダイ

特徴:
相模湾、高知県、種子島、南シナ海、グレートバリアリーフに分布。
2〜3cmの幼魚はカイメンの中で暮らす。成魚は2〜3匹で岩礁域を泳ぐ。種名のaltivelisは高い帆って意味で、高い背ビレを表している。

ダンゴウオ(赤)

ダンゴウオ(赤)

特徴:
静岡県下田〜千葉県小湊、佐渡。中国煙台。水深20m以浅にすむ、沿岸の岩礁域やタイドプールに多い。
全長4cmくらいまでの小型種。生時の体色は濃緑、ピンク、赤色など、変異が大きい。背鰭は2基あり、第1背鰭は大きく明瞭。体に突起物などなく皮膚は円滑。

ダンゴウオ(緑)

ダンゴウオ(緑)

特徴:
静岡県下田〜千葉県小湊、佐渡。中国煙台。水深20m以浅にすむ、沿岸の岩礁域やタイドプールに多い。
全長4cmくらいまでの小型種。生時の体色は濃緑、ピンク、赤色など、変異が大きい。背鰭は2基あり、第1背鰭は大きく明瞭。体に突起物などなく皮膚は円滑。

チョウチョウコショウダイ

チョウチョウコショウダイ

特徴:
南日本以南、琉球列島・西太平洋・インド洋に分布する。
サンゴ礁域および岩礁域に生息する。

大型のものは潮通しのよいサンゴ礁の崖で見かける。岩穴や洞窟の中に居ることもある。

幼魚は黄橙色に7つの大きな白斑があり、成長するとその白斑の中に地肌と同じ色の斑点が出てくる。成魚になるに従って白地に斑点模様となる。コショウダイの名前の由来は、体表に散在する小黒点が胡椒の実の様であるからだが、当のコショウダイよりこのチョウチョウコショウダイの方がそれに近い。

チョウハン

チョウハン

特徴:
千葉県以南、インド洋、太平洋に広く分布する。

アライグマのように目の周りが黒い。
体は円盤状で、側扁している。

ツノダシ(夜)

ツノダシ(夜)

特徴:
千葉県以南、インド洋・太平洋に分布する。
サンゴ礁域・岩礁域の広い範囲で小さな群れを作って生息する。

ツノダシ科は1属1種しかなく、ニザダイ科に最も近い種とされているが、ニザダイ科のように尾柄部に骨質板や棘などは無い。

最大の特徴は背鰭の第3棘が糸状に長く伸びていることであるが、これはハタタテダイと似ている特長である。ハタタテダイとの違いはツノダシは尾鰭が黒いことでわかる。吻は突き出していて、黒に縁取られた黄色い模様がある。

食性は雑食性でカイメン、底生動物、藻類などを突き出した吻で食べる。

分布域が広いのは浮遊幼期が長く稚魚が海流に乗って遠距離を漂流するからである。また、ある時期になると大きな群れをつくることがあるが、これは産卵に関する行動であるといわれる。

ツユベラ

ツユベラ

特徴:
相模湾以南、インド洋・西太平洋に分布する。

本州南岸でも普通に見られるが、主にサンゴ礁付近の砂底に生息する。

成魚と幼魚では体色がまったく異なる。
また、幼魚と雌の体色は地域によって異なる。
体色変化の時期が個体によって違う、10cmを超えても幼魚の体色のものもいれば、7〜8cmで成魚に変化するものもある。

幼魚も成魚も夜は砂に潜って寝る。

テンクロスジギンポ

テンクロスジギンポ

特徴:
相模湾以南の南日本、西部太平洋の熱帯域に分布。
沿岸のサンゴ礁、岩礁域に生息する。活発に泳ぎ、魚の皮膚の一部を食べる肉食性。体腹部に黒色縦帯がなく、体背側に小黒斑が並んだ黒色縦帯がある。

トカラベラ

トカラベラ

特徴:
伊豆半島以南、インド洋・中太平洋に分布する。

サンゴ礁周辺に生活する。
本州では死滅回遊魚として幼魚が見られるが、沖縄では普通に見られる。
餌をついばむ姿がかわいい魚である。

ベラの仲間では珍しくないが、幼魚と成魚の体色が異なる魚種である。
幼魚は黒い横帯があり、背鰭に黄色いリングがある。
以前は別種と思われていたので、幼魚はクモベラと呼ばれていた。

また、雄と雌でも体色が異なるが、頭部にオレンジ色の斑紋があるのと背中の黄斑は同じである。

雌は雄へ性転換するものもいる。

トラウツボ

トラウツボ

特徴:
南日本以南、インド洋・太平洋に分布する。
沿岸の岩礁域や磯に生息する。

体色は紅黄色で、暗褐色の不明瞭な横帯が多数あり、黒褐色で縁取られた黄白色の斑点が多数ある。和名の由来は体にこの虎縞があることから来ている。後鼻孔と前鼻孔は管状である。前鼻孔は吻端の近くにあり、前方を向いている。顎が湾曲して完全に閉じられない。歯は鋭く口は大きい。

岩の割れ目などに潜んで、タコや魚類を捕食する。

主に観賞用として流通し、皮をなめし皮として利用する地方もある。

ナガサキスズメダイ

ナガサキスズメダイ

特徴:
千葉県・長崎県以南の南日本。水深5〜30mの岩礁域や珊瑚礁外縁部にすむ。
背鰭、臀鰭の軟条部と、尾鰭に、縁に沿って走る数本の淡色線があるのが特徴、黒っぽくて、この淡色線が薄い場合もあるが、必ずあるので、よく見てみよう。胸鰭基部の上部に黒色斑がある。幼魚は背鰭は軟条部に、目立つ眼状斑がある。

ナヌカザメ

ナヌカザメ

特徴:
沿岸から沖合いの岩礁域や砂泥底に生息。
眼は細長く下側に未発達のまぶたがある。
体は、暗色で幅の広い暗褐色横帯があり、ぶち状斑点がある。危険が迫ると海水を飲み込んで、フグのようにお腹を膨らませるという珍しい習性をもつ。

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

特徴:
房総半島以南、インド、西大西洋に分布。
水深12〜35mの岩礁域・サンゴ礁域に生息する。

長い吻と大きな腹ビレ、尾ビレがカミソリウオ科の特徴。雌の腹ビレの上は体側に、下はお互いにくっついて育児嚢となる。体やヒレに細長い皮弁があり、斑紋が縞模様である。縞模様は赤、黄、茶、黒など様々。

頭をやや下に向け、波の動きに合わせて漂うように泳ぐ。ちぎれた海藻に擬態している。ペアでいることが多い。主食は小型の甲殻類。カミソリウオよりやや深い所に住む。ヤギ、ウミトサカ、ウミシダのそばでよく見られる。

ヌノサラシ

ヌノサラシ

特徴:
南日本。インド・太平洋域。沿岸の岩礁域や珊瑚礁域の浅所にすむ。
茶褐色の体色に淡色の縦帯が多数走る。幼魚の時は、体側に黄色縦線が3本走り、背鰭の棘部は赤橙色だ。
ヌノサラシはもともとスズキ科とされていたが、その後、体表粘液に含まれる毒を持つグループは、ヌノサラシ科にまとめられた。しかし、2000年に『日本産魚類検索 第2版』で中坊徹次博士らによりハタ科に移された。正確にはにヌノサラシ科に含まれていたヌノサラシ属、アゴハタ属、ジャノメヌノサラシ属などは、ヌノサラシ族として、ハタ科ハタ亜科にいれられた。
まえのヌノサラシ科は、体表粘液毒をもつものでまとめられており、ヌノサラシ科の学名、Grammistidae からなまえをとって毒の名はグラミスチンという。この毒をもつグループは英語では、ソープフィッシュ、石鹸魚といい、多量の粘液を分泌して海水を石鹸のように泡立たせる。この毒は強い界面活性作用を持ち、溶血性、魚毒性、抗菌活性をしめす単純ペプチドの蛋白毒だ。ほかの魚はいやがり、生け簀や水槽に入れると、ほかの小魚が死んだりはするが、人に害がおよぶほど強い毒ではない。食べても大丈夫のようだが、あまり食用にはされないし、食べても美味しくないという。

ネコザメ

ネコザメ

特徴:
水深100m以浅の岩礁や海藻の生えた海底に生息する。

体は短く、頭部は太く円錐形、英語ではブルヘッドと言われ頭が大きいのが特徴的である。目は高い位置にあり、猫の目のようで、これがネコザメと言われる由縁である。

背鰭は二つあり大きく、前部の鰭の前縁に強い棘が一つあるが、人間には無害でサメの方から故意に襲うことは無い。体色はうす茶色の地で、褐色の幅の広い横帯がある。

食性は肉食性で甲殻類、軟体動物、小魚、ウニなどを捕食する。特にサザエは大好物で、サザエワリと呼ぶ地方もあるほどである。ネコザメには丈夫な臼状の歯があり、サザエを見つけると丸ごと口に入れて殻を割り食べる。頬を膨らませ、口をモグモグさせてゴリゴリと殻を砕くと、やがてスリット状の鰓蓋から貝殻の破片だけが吐き出され、身はお腹に納まるのである。

サメには卵生の種と卵胎生の種があるが、ネコザメは卵生のサメである。卵の大きさはおよそ18cmで、雌は一度に2つの卵を産む。卵はゴムのように柔らかいらせん状の殻で、しかも海藻などに付着するように頂点に粘着性の短いつるが付いているので、海の荒波にもまれても割れたり転がったりはしない。孵化には時間がかかり、約一年を必要とするので、卵の中には発育が完了するのに必要な大量の卵黄を持っている。

ネッタイミノカサゴ

ネッタイミノカサゴ

特徴:
伊豆半島以南、小笠原諸島、インド洋、太平洋に分布する。
岩礁域・サンゴ礁域の礁湖、礁斜面、リーフ内から外まで広い範囲に生息する。

他のミノカサゴと違うところは、胸鰭の膜が鰭条の先端まで達しないところ。胸鰭を広げると鰭条は細かい紐のように見える。また、ミノカサゴより南に生息する。

近縁種のキミオコゼとの違いは、眼上の皮弁に横縞模様があり、襞があること、胸鰭の鰭膜に黒色斑があること、尾鰭の軟条に小暗色斑があることなどである。

夜行性で昼間はサンゴの陰や岩穴の中にいることが多い。

背鰭の棘に強い毒があり刺されると危険である。

ノコギリヨウジ

ノコギリヨウジ

特徴:
相模湾〜長崎県、三宅島、台湾に分布。
ヒバシヨウジに似るが、青の縦帯が細い。尾ビレの黄色斑は3個。岩礁の隙間にすむ。クリーニング習性を持つ。

ハシナガウバウオ

ハシナガウバウオ

特徴:
伊豆半島以南、インド洋、西太平洋に分布する。
水深10mまでのサンゴ礁域、岩礁域のガンガゼの間に生息する。

体は円筒形で細く、吻は長くて尖っていて、雄の吻は雌の吻より1.5倍長い。体色は暗褐色で。からだの側面と背面に2本の細い黄色の縦帯が走る。

スズキ目だが本によってはウバウオ目となっているものもある。

英名にもあるように、ガンガゼの棘の間に住んでいる。ガンガゼの棘の間を巧みに泳ぎまわり、外敵から身を守っている。サンゴ礁域では石サンゴ類の枝間などを泳いでいることもある。ガンガゼと共生しているのではなく、ガンガゼの肉を食べているらしい。

ウバウオ類は鱗がなく、鰓蓋骨に1〜2の強い棘を持っている。また、腹鰭は岩などに付着するために吸盤に変化しているが、ハシナガウバウオはこの吸盤の発達が悪く、他のウバウオの様に岩などに付着している姿は見られない。

ハナタツ

ハナタツ

特徴:
本州中部以南、朝鮮半島に分布する。
浅海の岩礁域で流の弱いところに生息する。

「エンシュウタツ」とも呼ばれる。

泳ぐ力が弱いため、流れに乗って藻の間を移動したり、泳いでも大変遅い。

色や形は藻などに似せて擬態をしていて、尾を藻に絡ませている。

最近までタツノオトシゴとして分類されていたので、図鑑などにはタツノオトシゴとして紹介されているものもある。

頭の上にある突起を「頂冠」というが、頂冠が著しく高いものをタツノオトシゴとし、頂冠がある程度高く、細長い角がたくさん生えているものをハナタツと区別する。

オスとメスの違いは、お腹が丸く膨れているのがメスで、そうでない物はオスと言うことになる。
メスはお腹の下のところに臀鰭が見えている。

オスは腹部に育児嚢という袋のようなものがあり、交尾時にはその袋にメスが輸卵管を差し込み産卵する。
オスはその卵を育児嚢の中で育て、孵化させ、やがて同じ形をした稚魚を放出する。

食性は肉食性で、動物性プランクトンやワレカラ、アミ、エビ、小魚などを細い口で吸い込むように捕食する。
生餌しか食べないので、飼育する場合は難しい。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

特徴:
サンゴ礁の浅場に生息。顎の先端に突起がある。
性転換を起こすが、それにともない、体色が黒色から雄相の青色を経て、雌相の黄色に変化する。

ハナヒゲウツボ(子供)

ハナヒゲウツボ(子供)

特徴:
サンゴ礁の浅場に生息。顎の先端に突起がある。
性転換を起こすが、それにともない、体色が黒色から雄相の青色を経て、雌相の黄色に変化する。

ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ

特徴:
駿河湾以南、インド洋・太平洋域に分布する。
浅海沿岸の岩礁域・珊瑚礁に生息する。

背鰭棘条部、胸鰭、腹鰭が大変大きく、鰭膜は深く切れ込んでいる。眼上には長い皮弁がある。体側には多くの暗褐色横帯がありミノカサゴに似るが、頭部の腹面と腹鰭の前方域にも縞模様があることと、背鰭と尻鰭の軟条部と尾鰭に小黒斑があることで区別できる。

背鰭、腹鰭、尻鰭には毒腺を持つ棘があり、刺されると危険である。ミノカサゴ類の毒腺についてはキミオコゼのページを参考にしていただきたい。

バラハタ

バラハタ

特徴:
南日本。インド・太平洋域。珊瑚礁外縁にすむ。
体色は鮮やかな赤から茶褐色や紫色まで変異が大きい。体側に青からピンク色の小斑点がちらばる。尾鰭は三日月形で、尾鰭の後縁は黄色い。ここが白ければオジロバラハタになる。全長で1メーターほどになるが、海域によってはシガテラ毒の報告があるので注意しよう。

ヒメゴンベ

ヒメゴンベ

特徴:
小笠原諸島、和歌山県以南。インド・太平洋域。珊瑚礁の外縁部にすむ。
ミナミゴンベに似るが、鰓蓋上部に目立つ眼状斑がなく、体側の暗色斑が縦列状に並び、尾鰭に赤色小斑点がちらばることで区別できる。珍しい種である。
雄は縄張りを持ち、ハーレムを形成する。

ヒレナガスズメダイ

ヒレナガスズメダイ

特徴:
琉球列島。インド・西太平洋域。幼魚は礁湖にすみ、成魚は礁縁部にすむ。
背鰭、臀鰭、尾鰭の先端部は尖る。胸鰭基底の上部付近に黒色帯がある。眼の下と眼の後方に黒色の、やや斜走した横帯がある。成魚は黒っぽい体色だが、幼魚の体色は黄色く、2本の太い黒色縦帯がある。

ヒレボシミノカサゴ

ヒレボシミノカサゴ

特徴:
紀伊半島、琉球列島。〜インド・太平洋域。岩礁や珊瑚礁にすむ。
涙骨に2対の皮弁があり後方のものは著しく長く横縞の斑紋がある。背鰭軟条部に2〜3個の黒色眼状斑がある。胸鰭は大きく横帯が目立つ。

ベニイザリウオ

ベニイザリウオ

特徴:
相模湾以南、南日本・インド洋・西太平洋に分布する。
水深300mまでの沿岸の岩礁域に生息する。

イザリウオのように砂地で見かけることは無く、ほとんどが岩や海綿などの表面に海綿の様に付着している。色彩変異が激しく朱色、黄色、白色などのバリエーションがある。背鰭の第1棘はエスカと言う疑似餌になっていて、小魚などを呼び込み、捕食する。

背鰭の基部に眼状斑がある事で他のイザリウオとの区別は容易である。

ベニマツカサ

ベニマツカサ

特徴:
土佐湾以南。〜インド・太平洋域。岩礁や珊瑚礁域にすむ。
鱗は小さく(側線有孔鱗は35〜38枚)クロオビマツカサに似るが、鰓蓋に暗色域はないことで区別できる。

ホシゴンベ

ホシゴンベ

特徴:
和歌山県田辺湾以南。インド・西太平洋域、ハワイ諸島。珊瑚礁の浅所、枝状珊瑚の間などにすむ。
頭部と胸部に小赤色点が散在する。斑紋や体色に変異はあるが、背鰭基部と体側中央に淡色縦帯が走ることが多い。この淡色縦帯にはさまれた部分は後部が黒色縦帯になる。幼魚は背部が暗色で腹部が白く、くっきりと色分けされるような斑紋になる。
小型の魚類や甲殻類を食べる。

ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ

特徴:
千葉県以南、インド洋・中部太平洋に分布する。
浅海の岩礁域・サンゴ礁域に生息する。

他の魚に付いた寄生虫を食べるクリーナーとして有名である。大型魚の鰭のまわりや鰓・口の中を丹念に掃除するが、口の中を掃除していても捕食される事は無い。あまり相手が大きいと、数匹がかりで掃除したり、また自分より小さい魚も掃除したりする事もある。

数匹の群れを作り、決まった場所に住んでいる。そこをクリーニングステーションとしているので、多くの魚が掃除をして貰おうと訪れるのである。この群れは数匹の雌を従えた雄のハーレムで、一番大きい雌が性転換をして雄になっている。ホンソメワケベラは生まれながらにして、雄がまったくいない種類である。

雌から雄に性転換するメリットは多くの子孫を残せる事である。小さい時は雌として卵を産み、大きな雄に受精させておく。大きくなってからは雄に性転換して縄張りをもち、多くの雌を従え、その卵を受精する。雄は1日に何十匹もの雌の卵を受精させる精子を作ることができるのだ。

このホンソメワケベラの姿を真似したニセクロスジギンポと言う魚がいる。この魚はホンソメワケベラの振りをしていて、クリーニングをしてもらおうと近づいてくる魚の鰭や皮膚を食いちぎって食べる魚なのである。

マツカサウオ

マツカサウオ

特徴:
北海道南部以南の西太平洋からオーストラリアに分布する。
浅海の岩礁域の岩の下や割れ目などの暗いところに生息するが、夜間には表層に浮上する。

和名は体型が松の実のマツカサに似ているところから来ている。

体は堅くて大きくつながった鱗で出来ていて、フグのように鰭だけで泳ぎ、体をくねらせて泳ぐ事は出来ない。鱗には隆起があり、後ろ向きの棘が付いている。体は黄色地で各鱗と鰓蓋の周囲は黒く縁取られて、下顎も黒い。棘の摩擦や鰾で音を発する事が出来る。

腹鰭には一対の強大な棘と僅かな軟条から出来ている。この大きな棘は体に対して垂直に固定する事ができ、外敵に襲われた時などは岩穴に逃げ込みこの棘を立て引っ張り出されないようにし、身を守ることができる。

マツカサウオは下顎の上縁側面に一対の発光体を持っている発光魚として有名である。この発光は、発光バクテリアとの共生によるものである。マツカサウオは下顎の空間に発光バクテリアを飼っているのである。どうやって取り込み、どうしてそこに集めるのかは不明である。

発光の目的はプランクトンなどを誘き寄せ捕食する為、蛍の様にコミュニケーションの手段とする為など諸説があるが、未だにわかっていない。日本のマツカサウオは発光が弱く、夜の海のように本当に真っ暗でないと分からないが、オーストラリア産のマツカサウオは発光が強いので水族館の展示などでも使われている。食性は動物性で、主にエビ類を捕食する。

マツカサウオの発光が確認されたのは1914年富山県魚津市の水族館で停電が起きたときである。真っ暗な水族館の水槽で発光していたのを発見されたのだ。

食用となり、肉質は大変美味しいとされ、焼き物などにする。また、かまぼこなどの練り製品にもなる。外観がユニークなため、乾燥させて置き物にしたり、太平洋沿岸地方では魔除けとして使用していたところもある。

ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ

特徴:
本州中部以南、西太平洋などに分布する。
珊瑚礁の外縁や斜面に生息する。

頭部と体側に白斑が合計3つあり、和名英名の由来となる。
成長するにしたがって、薄くなり消えてゆく。

幼魚はイソギンチャクと共生し、
成魚になるとイソギンチャクを離れ、群れを作るようになる。

動物性プランクトン・藻類を食べる。

ミナミハコフグ

ミナミハコフグ

特徴:
和歌山県以南。〜インド・太平洋域。岩礁域や珊瑚礁に単独ですむ。
体は骨板でできた箱でおおわれ、横断面は四角形になる。ハコフグとよく似ているが、成魚の頭部や尾鰭に小黒点があり(尾鰭にはない個体もある)幼魚は鮮黄色で体表の小黒点が明瞭である。若魚では体側の白色斑が黒点で囲まれて、よく目立つことで見分けられる。
繁殖期にはペアで産卵し、浮性卵を産む。
体表の粘液中にパフトキシンという毒を持つ。この毒は魚毒で、他の魚を殺したりするが、人への中毒はない。

ミヤケテグリ

ミヤケテグリ

特徴:
三宅島、高知県柏島、琉球列島に分布。
岩礁域の礫底や砂底に生息。コウワンテグリに似るが、雄の前鰓蓋部に黒褐色体がなく、背ビレに2個の目玉模様が連続した眼鏡状斑紋がある。メスの尻ビレには4本の不明瞭な褐色斑列がある。

ミヤコキセンスズメダイ

ミヤコキセンスズメダイ

特徴:
千葉県以南の南日本。インド・西太平洋域。水深2mまでの波の荒い珊瑚礁や岩礁にすむ。
鰓蓋後縁、体側中央、尾柄部にある白色横帯があり、体色は黒い。幼魚の体色は黄色く、吻から眼の上部を通り背部にいたる目立つ青色線があり、背部の青色線の中央には黒色斑がある。この青色線より上部は赤っぽい。イチモンスズメダイ、スジブチスズメダイの幼魚も、よく似ているので注意しよう。

ムラソイ

ムラソイ

特徴:
千葉県勝浦以南。釜山、中国沿岸。ムラソイの4亜種中で、いちばん本種が南に適応している。
ムラソイは浅海の岩礁域にふつうに見られる。とくに西日本には多いようだ。
斑紋や体色に変異が多く、いま4亜種にわけられていて研究者でも論議が続いて決着はついていないという難しさがある。

ムラソイ類は、1943年、松原喜代松により、ムラソイ、ホシナシムラソイ、オウゴンムラソイ、アカブチムラソイの4亜種にわけられた。1984年に尼岡邦夫はそれらの亜種を認めず、ムラソイ1種にまとめた。1993年に中坊徹次は、尼岡では詳しい議論がなされていないとして、松原の4亜種を暫定的に復活させた。そして松原標本を精査し検索形質を変更した。そのなかでムラソイとホシナシムラソイが種内変異、オウゴンムラソイとアカブチムラソイが種内変異。つまり2種に整理される可能性を示唆している。
下顎が上顎より前に出ない、尾鰭後縁がまるい…などがムラソイ類の特徴になるのだが、ムラソイ類は、はっきりした特徴がないので、見分けが難しい。慣れるしかないだろう。


メガネスズメダイ

メガネスズメダイ

特徴:
琉球列島。西部太平洋。水深0〜12mの珊瑚礁の礁原上にすむ。
体色は茶褐色で尾鰭が白く背鰭軟条に眼状斑がある。これらの特徴でオジロスズメダイとよく似るが、オジロスズメダイの眼状斑は幼魚だけで成魚は消える。メガネスズメダイの眼状斑は成魚にも残る。

メバル

メバル

特徴:
北海道南部以南、朝鮮半島南部に分布する。
浅海の岩礁域や転石帯に生息する。

右上の写真で確認できるが、涙骨(眼の下の前方)に下向きに鋭い2棘がある。
英名にもあるように、体側に5本の暗色帯があるが、トゴットメバルやウスメバルよりは不明瞭である。

食性は動物性で小型の魚類からエビ・カニ類、巻貝、多毛類などを食べる。

メバルは11月から12月にかけて交尾し、雄から精子をもらい受けた雌の体内では卵の成熟を待って受精する。
その後も卵は親の体内で孵化し、しばらくは成長する。
ある程度成長すると、12月から2月にかけて4・5mmの仔魚を産むという卵胎生である。

求愛行動時の雄は尿中に誘引物質を振りまいている可能性がある。
これは交尾期の雄の膀胱が雌に比べて大きく、常に多量の尿が蓄えられているところから予測できる。

旬は春で、煮付け、塩焼き、唐揚などにすると美味しい。

ユウゼン

ユウゼン

特徴:
相模湾、高知県、小笠原諸島、南・北大東島。日本固有種。岩礁や珊瑚礁域にすむ。
小笠原諸島や伊豆諸島に多い、とくに小笠原では、ふつうに見られる。やや深いところに多いのだが、小笠原は浅いところにでてくる。沖縄では、ほとんど見られない。体色は黒く白色小斑点がちらばり、背鰭、臀鰭、尾鰭の縁辺は黄色くなっている。体側中央に白色横帯を出していることが多い。独特の色合いはユニークで、この日本的な色合いから「友禅」と名づけられている。

ユウダチタカノハ

ユウダチタカノハ

特徴:
琉球列島をのぞく、東京以南の南日本。浅海の岩礁にすむ。
尾鰭の上葉が白く下葉が黒いことでミギマキと似るが、ユウダチタカノハは眼を通る黒褐色帯が胸鰭基部に達しないことで、ミギマキと区別できる。ミギマキの眼を通る黒褐色帯は胸鰭基部に達する。本種は珍しく、あまり見かけない。
移動する時は、あまり海底を離れずに泳ぐ。小型底生動物を食べる。

レンテンヤッコ

レンテンヤッコ

特徴:
相模湾、豊後水道、小笠原、ハワイ諸島クレ環礁に分布する。
水深10m〜数10mの岩礁域に生息。
雌性先熟の性転換を行う。ハーレムを持つ。温帯種である。